--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.03.10

気がつけば・・・

いつも犬の事を考えている。
これはもう、中毒?病気?依存症?(苦笑)

凛のオビの動きがまた悪くなってきたので昨日、今日と中止。
指示をこなさないわけではない。確実に忠実に動く。だが動きに覇気がない。
理由はただひとつ。「楽しくない」のだ。
「楽しくさせるのは私」という事は判りきっている。
彼は、私の深層心理の「オビ嫌い」をしっかりと読み取っているのかもしれない。

一番良くないのが遠隔。
離れた途端、「つまんねぇ」「たいくつ」という顔をする。
次の指示を待つ、ワクワクした顔が見受けられない。
「どうせ、座れか伏せか立ってか右か左か来いだろ・・」ってな顔だ。
そこで規定課目をやめて「バウス」や「ツイスト」などを指示するようにしてみたが
結局、その日は少しだけ良くなり、翌日は退行の繰り返しだ。


わかんねぇええええええええええ(泣)


オビの動きに覇気がなくても彼には活き活きとこなす仕事が沢山ある。
正直、彼は私の介助犬だ。

たばこを持ってくる
ライターを持ってくる
リモコンを持ってくる
携帯電話を持ってくる
(上記は「探して」がつく。私は置忘れの名人だ^^;)

テッシュを運ぶ
消臭剤を運ぶ
ペットシーツを運ぶ
タオルを運ぶ
目覚ましを止める(これはあまり嬉しくないときもある^^;)

息子の部屋に物を運ぶ
息子を起こす etc……

これらの動きはすべて「遠隔」だ。
彼がどこにいようが、私がどこにいようが、持ってきて欲しいものが
1Fにあろうが2Fにあろうが指示すれば探して持ってきてくれるし、
目覚まし時計や携帯など、音の出るものに関しては鳴った途端
「僕の仕事だ!」と寝ていても起き上がってすっ飛んでいく。
各犬の犬舎掃除や共同トイレ掃除を始めると「次はこれ?」と
テッシュやらタオルやらシーツやら、重い消臭剤まで運ぼうとする。

多動症だった彼に、多くの仕事を与えて育てたのも私だ。
しかし、なぜ、こんなにも動きに違いが出るのだろう・・。
そして今日も考えつづけてしまう・・・・・・・。

0084.jpg



追記:
「楽しそうじゃないなら、やらせなきゃいいじゃん」と思う方がいらっしゃるかもしれません。
でも私はどんな仕事もどんな行動も楽しくさせる事が出来て初めて
『トレーニングをした』ことになると思っています。
また、どんな事も楽しくさせることが出来ないようでは、
人に指導したり、アドバイスなど出来ないと思っています。
「凛くんが犠牲になっている」なんて思わないで下さい。
凛と私、いえ、私と愛犬たちは共に成長して行きたいと願い共に成長しているんです。









スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://3papillon.blog14.fc2.com/tb.php/37-2e5fdba1
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。