--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.02.09

飼い主を選べない犬達

またか悪徳ブリーダーの記事に書いたブルセラ症の陽性反応の子
116頭を大阪府救護本部が安楽死の決定を下したらしい。
wan lifeさんを始めとして多くの方たちが反対運動で頑張っています。

詳しくはwan lifeさんの活動日誌を⇒http://blog.livedoor.jp/wanlife1/


この崩壊現場の子達は飼い主の愛情さえ知らない子達です。
それでも現在いる環境に甘んじて生きて行くしかないのです。
人と同じく犬は生まれる環境を選ぶ事は出来ません。

しかし、人と犬の大きな違いは

人は自らの努力によって

生きて行く環境を変えることが出来るが

犬にはそれすら出来ない


という事だと思います。


犬は飼い主を選べないのです。


例えば、お給料の支払いの悪い会社。
それなりの労働に見合ったお給料(報酬)がなければ
人は転職や退職を考えるでしょう。
犬たちはどうでしょうか?
頑張り(仕事)に価する報酬をもらってる??
                ※ 報酬が食べ物(オヤツ)とは限りません

頑張っても、それに価する報酬がなければ
犬のとる行動は決まってきます。

「せっかく頑張ったのに・・・(┯_┯) ウルルルルル」と、その頑張りをやめてしまう

「こんなパパ(ママ)の言うことなんか聞いてられっか!」と飼い主に愛想をつかす

「何をやってもボク(わたし)ってダメなのね・・」と自分に自信がなくなる

「じゃぁ、これならどうだっ!!!」と他の仕事を探す



吠えるのをやめて欲しい、飛びつくのをやめさせたい・・
やめて、やめて、やめて・・・・やめて欲しいならどうすればいい?

報酬のないことは犬だってしません。
人より犬の方がよっぽど試行錯誤して頑張っています。
何が報酬になっているか、見る目を養うだけで犬は幸せになると思います。

犬は会社(その家族でいること)をやめることも出来ないし
家出も自殺もできないのです。
犬は飼い主を選べません。

でも、私は、もし犬が飼い主を選べるなら、いや、選べなくても
選ばれるような飼い主になる努力を怠ろうとは思わない。
犬達は言い訳もしないし、何かのせいにもしないのだから。

それは犬にへつらう事でもなく、媚を売る事でもない。
私なりの犬への愛情は


彼らの良い行動に見合ったその時の適切な報酬を

適切なタイミングで与えてやること



それにつきます。

0068.jpg






スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://3papillon.blog14.fc2.com/tb.php/26-444fa6d0
この記事へのトラックバック
ブルセラ症ブルセラ症(brucellosis)とは、ブルセラ(Brucella)属の細菌に感染して起こる人獣共通感染症。家畜との接触・汚染乳製品の摂取を通じてヒトに感染する。1887年、イギリス軍の軍医デビッド・ブルース(Sir David Bruce)によって病原菌が発見された
ブルセラ症 | michikoのblog at 2007.03.01 08:13
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2007.02.10 21:46 | 編集
◆鍵コメ様

私もですよ~~
昨日より今日、今日より明日、
より犬達に判りやすく接してやれるようになりたい。
今さらのように新しい事を教える際にクリッカーを導入したのも
そう理由からなんです。
実際、最初は「クリッカーなんか!」ってプライドが邪魔したのも
事実だったりします・・・(T▽T)アハハ!
Posted by cocoon at 2007.02.11 23:56 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。