--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.01.08

新装開店・心機一転

ブログを新設したので、軽くジャブなど・・・。

私は犬に優しく人に厳しい人間らしい。
もちろん、我が家の子供達はオペラント条件付けを主軸とした肯定強化訓練で育てている。
社会化期にきちんとした社会化をさせてやり
人が良くないとする行動の替わりに何をすればよいか教えて育てれば
先天的な遺伝疾患でもない限り、私の経験では問題は顔をもたげない。
(まだ私が経験不足なのかもしれないが・・・。)
日本の訓練士の多くが未だに『肯定強化(陽性強化)のみでは犬を扱いきれない』と言う。
だが、その訓練士たちのどれだけの人が、『肯定強化訓練』の本当の意味を理解しているのだろう。
『嫌悪刺激』と言われるものが何を指すか理解しているのだろうか。
『肉体的苦痛』と『嫌悪刺激』を一緒くたにしているのは
愛犬家ではなく、正しい指導が出来ないプロ達ではないのだろうか。
(※注 プロを否定しているわけでは決してありません。)
    

行動修正訓練に関しても、犬に痛みを与えることなく修正することは
忍耐力が伴うが可能なのに、犬の忍耐力に多くの人は負けてしまう。
また、行動学獣医がトレーニングまで指導できないというのも
日本が欧米に比べて大きく遅れている部分だと思う。

私の「犬を愛する」という事は「犬を知る」ことから始まる。

多くの人間達は自分の経験や主観、趣味嗜好から
「こうしてやりたい欲」を満たす事を「愛している」と勘違いしている気がしてならない。
ヒトとイヌは異なった生物だ。習性も本能も進化の過程も異なる。
物事を捉えて判断する方法も異なる。
犬はきちんと思考する生き物だ。
犬はどう考え、どう行動するのか、ヒトの立場ではなくイヌの立場で考えてやるには
行動習性を学ぶのは必須だと思うのに、多くの人が(プロまでもがだ。)
根本となる部分をすっ飛ばして「私はこう思うから・・」で犬と接する。
犬も人も学習理論はほとんど同じと言って良いのだから
行動習性をきちんと学べば犬の立場に立って沢山の事を我が子(犬)に伝えられるのに
まったく残念でならない。

心機一転 引越しもした事だし、またこのブログでは少々毒を吐きますかね!


スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://3papillon.blog14.fc2.com/tb.php/2-c252a8ba
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
あ・・・・ほどほどにお願いします。。。
耳がイタタタタタv-15
Posted by パジェロママ at 2007.01.08 16:48 | 編集
いらっしゃいませv-266
はぃ・・・ほどほどにします・・・v-221
Posted by cocoon at 2007.01.09 00:42 | 編集
コメしていいのかな
汗汗。
今年も宜しくね!
大好きな貴女へ。(Loveじゃないよ)

Wozママ&Lisaパパ
Posted by ペシミ at 2007.01.09 03:07 | 編集
こんばんは♪
こちらこそ、今年もよろしくお願い致しますね。
Wozくん、Lisaちゃん、元気にしてますか~?
Posted by cocoon at 2007.01.11 03:13 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。