--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.01.24

アニマルコミュニケーション

パジェロママから深夜の電話。

「実は明日、うち、アニマルコミュニケーション受けるんだけど、
グループセッションでお願いしていた人が都合が悪くなって来れないんです。
わざわざ栃木から来て頂くから、cocoonさん、良かったら一緒に受けますか?」

「栃木って・・森永先生?いくいく!!」

「え?マジ?cocoonさんって、そういうの興味ないと思った。」

ヾ( ̄o ̄)オイオイ じゃ、なんで誘ってんだよ・・(笑)
(でもものすごく嬉しかったけど


以前、ヘルスケア勉強会で講師をお願いした青柳先生も受けられたことがあり
千葉わんでも、その昔、流行ったという・・・
AFCのセミナーに出てみようかしら・・と思ったこともある。
私と言う人間は「良い」と思うものや「効果があるかもしれない」ものには
全く抵抗を感じない人間なので、喜んで便乗させてもらった

1回のセッションを受けられるのは2・3頭・・パジェロ家は2頭しかいないので悩む必要はないのだが
我が家は連れて行く子、どの子にしよう?
一番、聞いてみたいことが色々あるのは預かりっこのマロンだけど、
我が家に来て頂くわけではないので、彼にかなりのストレスがかかる。

やっぱり普段からデモ犬として、また、脱感作の相手役としてこき使われまくる
愛唯ははずせないと思った。
残る1頭・・綺羅か飴か楓雅か・・・・。実はこれは結構すんなり決まった。

3歳まで悪徳ブリーダーの元、狭いケージから出たこともなく、
外に出かけたのは獣医に行く時だけ、小さい体で無理な繁殖をさせられ、
結局、帝王切開で逆に金がかかり捨てられる羽目になったブリーダー放棄犬で
保護した方の娘さんを噛んでしまった経緯から我が家に来ただ。
彼女は尻尾を振ることが出来ない。(怖い時に多少、巻くことは出来る)
散歩をしたこともなかったので、パット(肉球)はフワフワすべすべで、
我が家に来た当初は皮が剥けそうになったこともあった。
来た当時はギャン吠えのチャンピオンだった子だ。
彼女がどう考えているか知ることが出来るなら聞いてみたい・・と常日頃から思っていた。


さて・・気になる3頭の結果は??
(クリックしてね↓)
まず最初にセッションを行ってもらったのは凛。

0038.jpg


4ヵ月半の時、友人がプレゼントしてくれた凛は元多動症で
一日2~3時間しか眠らない子犬だった。
ケージから出し放っておくと、そこらじゅうを走り回り、頭や身体をぶつけても止まらない。
抱っこすれば、ハトヤのCM状態。ここまでは超ハイパーっ子と大差ないのだが
とにかく眠らず、吠えまくり噛みまくり動き回る。
その上、お腹が弱く少食なのでガリガリに痩せていた。

痩せ凛


通常のトレーニング方法では他からの刺激にすぐ気が移ってしまい、
こちらにアテンションを保つなど、到底不可能な子だった。
名前を呼んで一瞬こっちを見ると、もうどこかを向いて走っているのだ。
そして呼ばれたことも他の刺激によって忘れてしまうし、オヤツでの報酬が効果が薄いため
何年かぶりに『大変な思い』をして育てた子で、学習心理学の本を買いあさったり、
フードジプシーをしまくったものだ。

今では様々な場面でデモンストレーションも行い、ドッグダンスを共に楽しみ、
脱感作トレーニングの相手役も努められるようになった彼だが、
今年は再びオビディエンスをしっかりやらねばならない人間の都合があって(ゴメンヨ 凛)
預かりっ子の出入りも激しい我が家での彼の本根を聞いてみたかった。
質問事項は以下の通り


◆新しく迎えた楓雅について  彼についてどう思っているか。

「あんまり楓雅を怒らないでやって。どうしてあげたらいいか判らなくなる」


ΣΣ┗(|||`□´|||)┛ガーン!!

そして  (T(T(T(T_T)T)T)T)うるうる



先生いわく、凛は『愛情の器』がとにかく大きい子だそうだ。
普段から、誰でもうぇるかむな態度をとるのは「僕を見て見て!」「僕と遊んで!」ではなく
「ご機嫌どうっすか?」「なんか楽しいことしましょっか?」という献身的な
人や犬を常に楽しませたいと気配りをする吉本気質だそうだ。
楓雅は最近、凛より身体もずっと大きくなり、体力も勝るので
2頭の遊びの中で楓雅の方が前足で凛を押さえ込むことも多々見られる。
(後述しますが、凛はシェパードに踏んづけられると言う事故にも遭ったことがある)
小さい子相手の遊び方では好ましくないので、その際に私は「ウェイト楓雅!!」と
遊びを中断し、仕切りなおしさせるのだが、それはママ、気にしなくていいよ・・とのこと。
楽しく遊んでいるのに楓雅が怒られているようで可哀想だと言うのだ。

◆楓雅との上下関係についてどう思っているか

「別に楽しけりゃそれでいいじゃん。」


うううぅぅぅ・・・なんとも凛くんらしいお答え。
まったく、その点について、凛は気にしていないそうだ。
楓雅が強く大きくなって自分より上位になっても、それで平和で楽しけりゃ良いそうだ(笑)


◆デモンストレーションや脱感作トレーニングに使われることについて

「みんなが喜んでくれるのが僕の喜び。ぜ~~んぜん苦にならない」


これも嬉しいお言葉。なんていい息子に育ったんだ!!(親馬鹿まるだし)


◆最近、オビディエンスを再びみっちりやり始めたことについて

「トレーニング自体は楽しいから大好き。でも、フリースタイルもたまにはやってね」

通常、オビとフリースタイルは平行して行わない方が良いとされている。
なぜならフリースタイルの方が犬にとっては楽しい動きが多いからだ。
フリースタイルの方が動きがよくなるという事は必然的にオビの動きが悪くなるのだ。
実際、しばらくフリースタイルの練習はやめようと思いはじめていた所なのでこれは寝耳に水。
先生も「この子はオビのご褒美にフリースタイルを織り交ぜても良い子ですね。そうしないと
飽きてしまうでしょう」と仰ってくださったので・・・・・・・・・そうします。


◆シェパードに踏まれた事故について。大型犬に対するトラウマは残っていないか

「ものすごく痛かった。でも、もう忘れたい。大きい子も好き。」


トラウマにはなっているらしい。実際、ものすごくギャン!!って泣いて
しばらく動けなかったし、レントゲン撮りに行ったし・・・。
でも、凛は相手の子のヤキモチだったと理解しているそうだ。
そして忘れたがっている・・・と。
凛が忘れたいと思っているなら、母も忘れましょう!!


先生のお話しを聞いていて、何度も何度もうるうるしてしまう。
そして、質問していなかったのだが凛からのメッセージ。

「最近、コマンドが判りにくい。前みたいに元気良くハッキリ言って!」





Σヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄□ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||||)ノ 
                                                   母 大ショック・・・・




これは師匠に指摘されて意識的に直してきた部分。
元々多動症で注意力散漫な凛くん。
犬は耳が良いんだから、小さな声でこちらに注視していないと判らない位に出せと。
本犬は「なんで元気ないのかな。つまんないのかな。」と逆に気にしており
結果的にそっちに気を取られ集中力を欠いていたらしい。

一日の愛の器をそそぎきらないと、他の子やママの顔や手や、はたまたシーツまで
眠りにつく前にペロペロ舐めまくる癖のある凛くん。
(実はこれも心配だった行動の一つで、行動ニーズが満たされていないのかとか、
ストレスがかかっているのかとか、あれこれ考えあぐねていた。)
君は私のペットロスを治してくれただけではなく、多くの人や犬に愛を分け与えられる子なんだね。
君がうちの子で、ママは誇りに思います。

どうか凛に会ったら、凛のほとばしる愛情を受け止めてやってくださいね


0039.jpg


長くなってしまったので、愛唯と飴のセッションのお話はまた明日~~


スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://3papillon.blog14.fc2.com/tb.php/15-9ee0387c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
前blogから追っかけロムラーさせていただいております。
凛くんが多動症だったなんて信じられません!
また、前blogのような分かりやすい解説と動画も楽しみにしています。
Posted by さよこ at 2007.01.24 22:35 | 編集
さすが凛君!
前から名犬だとは思っていたが、予想以上の名犬ですなぁ。
抱っこすれば、ハトヤのCM状態ってのは笑ったぞ。
Posted by gameriku at 2007.01.25 02:09 | 編集
◆ さよこ様

初コメント、ありがとうございます♪
動画ですか~~一番、判り易いですものね。
なんとか時間を作って頑張ってアップしたいと思います。
このブログの初動画は凛の「フェイス」かな(笑)
Posted by cocoon at 2007.01.25 03:25 | 編集
◆ gameriku様

凛の多動症の頃を知っている数少ない人ですね~(苦笑)
名犬もとい・・迷犬のような・・・’`,、(´∀`) ’`,、
ハトヤは未だに他人が抱くとなる時が・・・・(汗)
Posted by cocoon at 2007.01.25 03:28 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2007.01.25 04:50 | 編集
◆ 鍵コメ様

はい。私も忘れません。
この子は、私の家に来るべき子だ!!ってあの時、思いました。
鍵コメ様にはいくら感謝しても、したりません!
今の私があるのは鍵コメ様のおかげと言っても過言ではないかも!!
Posted by cocoon at 2007.01.25 07:14 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。