--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.01.11

とりあえず経過報告

沢山の応援コメント・メールありがとうございます。
今の所、アストロは頑張り続けています。

先月14日の検査でALT(GPT)は552もありました。
昨日の検査では352まで減りましたが、正常値には程遠い・・。
しかし、ミクロフィラリアの数が減らない限り、これ以上の回復は無理だろうと判断。
それよりも、ミクロフィラリアがどんどん育ってしまうことの方が問題です。

また、ショック状態だった血液ですが、
WBC(白血球数)は5000から11000まで回復。
Ht(ヘマトクリット:赤血球数)は35%に満たなかったのが41%まで回復。


上記のような検査結果から、治療に踏み切ることにしました。


ただ、体重だけ、一日3~4回食で頑張ってきたのに100グラムしか増えていなかったのが残念です。
(少しでも量を増やすと、すぐ軟便か下痢になってしまいます)


獣医さんと1時間半ほど、じっくりと治療方針について話し合いをしました。
インフォームドコンセントがしっかりできる今の主治医は本当にありがたい存在です。

まずは彼の推定年齢から予想される成虫。
どこに寄生していて、数はどのくらいか。
今の所、心雑音もなく、咳や血尿も見られない。
ただし、肝機能がかなり落ち込んでいる上に、ガリガリに痩せている為
イミトサイドの使用はかなりの負担になります。
また、砒素の使用も、彼の体力が懸念される為、NGです。
「どうしても助けてやりたい」(誰でもそうでしょうけど・・^^;)という私の希望を汲んでくださり
使用する薬はモキシデックを選択することにしました。


現在血中にいる、ミクロフィラリアのみ駆虫し
(モキシは成虫には効きません)
成虫は寿命を待って、
このままミクロフィラリアのみの
駆虫・予防を行っていく
  という方法です。


この方法を選んだことによって、里親探しは困難になるだろうし
もし里親様にめぐりあえても今後、
数年にわたり、予防&治療を継続
していただかなくてはなりません。

でも、現在の私の持ちうる知識の中での医療技術では、これが最善だと思いました。
あとは、死んだ虫によって血栓が出来ないことを祈るのみ。
(部位によっては助けられなくなる・・・)
いつもより少しだけ長い深夜の散歩をし、いつもより少しだけ長いグルーミングをし
彼が疲れない程度に いつもより長く遊んでやって・・


午前1時30分投薬。


昨夜は くしくも、愛犬の愛唯(メイ)の3歳の誕生日。
巨大なげん骨を二日前から煮込んでいたのですが、投薬後のアストロにもあげました。
もし万が一のことが起こっても、「美味しい、嬉しい」まま、逝かせてやりたかったから。
夢中になってかじりつき、よほど美味しかったのでしょう。他の子を威嚇もしました。
でも、今夜だけは特別。特別に許します。我慢は他の子たちがすればいい。
(体が治ったら、そういう行動はイケナイと叩き込むぞ~~)
4パピと1ボーはハウス内で待機です。


投薬後、一番不安な6時間が過ぎようとしています。
今、彼はスヤスヤ眠っています。
(途中、パンティングをして、少し苦しそうにしていた時間もありました)
このまま、乗り切ってくれることを祈ります。
私も少し眠ります。


スポンサーサイト
Posted at 07:25 | BCRN | COM(26) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。