--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.02.20

モチベーション

トレーニングの『肝』となるのは、如何にして犬のモチベーションを上げるかだと思う。
モチベーション=動機付け とよく訳されるけれど、どうもピンとこない。
三省堂のweb辞書で調べてみたら



【どういう意味?】

意欲の源(みなもと)になる「動機」のことです。




これはものすごく しっくり(*^-^)v

私の場合、その子その子によって様々なモチベーターを利用するのだけれど
(これもリクエストがあったので、そのうち写真で紹介します)
その日のチョイスの『それ』が正解とは限らないから、また、犬って面白い。
作業意欲旺盛な、愛唯、楓雅は、ほとんどトレーニング自体を行う事に
モチベーションが高いのでさほど苦労はしないのだけれど、
預かりっ子や綺羅、飴はそうはいかない場合が多い。
また、集中力散漫な凛も、外でのトレーニングは大変苦労をするのだ。

モチベーターとして ご褒美(オヤツ)を使う人も多いと思う。
これは犬にとって一番判りやすい報酬なので、トレーニングの初期段階、
または、新しいトリックを教える時などでは大いに利用すべきだけれど、
しつけ教室や出張訓練を受けている飼い主さんですら
「オヤツをなくす作業」を知らなかったり、やらなかったりするのが日本の現状だ。
それを指導しないトレーナー、指導できないトレーナーが多いのもどうかと思うけど・・・。

ダンバー博士は「それは報酬ではなく、賄賂」と仰っていたが、まさにそのとおりだ。
ルアーとしてオヤツを使った結果が、オヤツの出て来る手元しか見なくなった・・と言うコも少なくない。
手元に集中できる子になったなら、それは素晴らしい事なのに、
その次の段階へのステップをあがろうとはしない。いや、上がり方を知らない。
オヤツを賄賂として何かをさせていたら、オヤツのない時には動かない子になってしまうのに・・。

『飼い主との遊びや関わり』が報酬になる子にするのは、とても理想的なのだが
作業意欲の少ない愛玩犬種や、保護犬(特に人に対し警戒心を持っている子)
また、極度のシャイの子には、ここまで持っていくのに並々ならぬ努力と忍耐が必要とされる。

『オヤツでつる』こと自体は言葉面は悪いが、私は悪い事だとは全く思わない。
ターゲットトレーニングやルアートレーニングの初期段階は『目標(ターゲット)』が必要だし
先にも書いたようにこんなに判りやすい報酬はないので
トレーニングに対してモチベーションの低い子に対し、とても効果的だと思う。
犬の一生は短いのだから、少しでも早く犬に伝わる方法を探すのも飼い主の努めだ。
ただ、最終的にどこに集中するように犬に教えるかだと思う。
これは報酬の与え方によって、いくらでも操作が可能だ。
(この事は、クリッカートレーニング、アイコンタクト等の記事で書いていこうと思う。)

しかし、今日、書きたかったのは犬のモチベーションではなく、
飼い主自身のモチベーションだ。
これは私が最近、自分自身、身にしみて感じている事なのだ。




オビディエンストレーニングが私は嫌いだ。




ああ・・・言っちゃったよ・・・どうすんだよ・・・アセアセ( ̄_ ̄ i)タラー
しかし、仕方なく、頑張って続けていた今日この頃・・・・
今頃になってオビの大切さを実感しているのだ。(今頃かいっ!!!)

実は、我が愛犬のうち、凛・愛唯・楓雅は共にDOG DANCEをやりたくて
それなりのトレーニングを行ってきた。
ダンスは楽しい。トリックを教えるのも、とても私自身が楽しい。

さて、ここで、師匠にもはっぱをかけられ、仕方なくオビを再開したこの頃。
ものすごく実感、そして変化が犬達に見られた。

オビ再開時は、いかにもつまらなさそうに犬達は動いていた。
拘束する動きの多い、オビディエンス。
当り前だ・・・と私自身が思っていた。
しかし、何日か前のどん底に落ちて…の記事で、師匠が私の犬達をハンドリングした時
犬達は、意気揚揚といかにも楽しそうにオビで動いたのだ。
(私の師匠を知っている人は、〇先生が引いたなら当り前・・とか思わないで下さいね)



なぜ???????????



どん底に落っことされて、私自身、ものすごく悩んだ。
ハンドリング技術だけでは語り尽くせない何かがそこにはあった。
そして ハッΣ(゜ロ゜〃) と気付いた。



私が楽しんでいないジャン!!!!



なんて簡単な事・・・なんて馬鹿なんだ・・・
それから、憑き物が落ちたように「何事も犬との作業を楽しんでやろう!」
と思い、心から楽しく指示を出すと、犬達の動きがガラリと変わった。
(はい・・・人には言ってて自分が出来てなかったとです・・・)

そして、オビをやる事によって、普段の犬達の生活にケジメや規律がはっきりと見えてきた。
甘え方も変わってきた。アイコンタクトの表情ひとつをとっても大きな違いが見られた。


犬にとって、待つことは苦ではない。
だって、生まれて間もない仔犬の頃は母犬が授乳を許すのをひたすら待っていたし
先祖のオオカミ時代には、獲物を獲るため、繁みで何時間も待っていたはず。

犬にとって規律も苦ではない。
生れ落ちて間もなく、飲む乳も順位によって決まる。
オオカミの群れは獲物を獲るために秩序ある行動をする。
何より犬はヒエラルキー社会でルールの下に生きている。
DNAが「それがストレスレスです」と語っているのだ。


そう言いながら、毎日、オビ(しかも、訓練試験規定課目)をやるのは
私にとってとてつもなくストレスだったりする。
要するに飼い主のモチベーションを上げるのが一番厄介だということだ(苦笑)
犬のように順応性に長け、常に自分の出来る仕事を探して生きてみたいものだ。









スポンサーサイト
Posted at 04:50 | Obedience | COM(2) | TB(0) |
2007.02.16

(;´д`)トホホ

最近辛いと思う事・・・・


犬には通じるのに言葉(心)が通じない人間が多い事。

酔っぱらいの前で歌う事。

一日6食出来ない事。(代謝が悪くなったらしく太るのだ)

運動・訓練で5頭目くらいから「(;-_-) =3 フゥ」って思う事。
(愛犬の他、預かりっ子 2頭)




そして・・・・・・・・・・・





老眼鏡をかけないと、犬達の爪切りが出来なくなったこと・・・。


                                    歳とったなぁ・・・ (;´д`)トホホ









Posted at 04:06 | 犬考 | COM(4) | TB(0) |
2007.02.13

室内ドッグラン オフ会

どん底から這い上がって今日はサークルイベントの日。
寝坊をしてしまって散々なスタートだったが
(Choco.ママ、GUUさん very sorry!!)
参加犬12頭+うちの子3頭 人間13名
ぎりぎりのスペース ぎりぎりの頭数 ぎりぎりの時間
しかし息子が作ってくれた伸縮ラティス改造の仕切りが
思ったより役に立って良かった・・・C=(^◇^ ; ホッ!

参加してくれたワンコ達は皆、それぞれ個性があって
それぞれの魅力がたまらなくいとおしい。
みんなワンコ思いの飼い主さんに恵まれた幸せな子たちだ。

犬との生活を楽しむ術は無限にある。
犬の能力を伸ばす方法も無限にある。
無理はしなくていい。
ライフスタイルにあった、自分の出来る限りの思いを愛を
その子達に伝え、教え、共に楽しんで欲しいと思う。

その子なりの魅力・個性・能力を今日より明日、明日より明後日伸ばしてやって
「人との暮らしって楽しい!次に生まれ変わってもこのパパ(ママ)の所で暮らしたいな」
と思うワンコが増えてくれたら・・と切に願う。


人も犬も退屈な人生(犬生)は虚しい。


0069.jpg
プレイバウ2月イベント 室内ドッグラン オフ会









Posted at 03:30 | Play Bow | COM(2) | TB(0) |
2007.02.12

どん底に落ちて・・・

今日は雑用仕事のお手伝いの後、
(鬼のような)師匠に愛犬のハイパー3頭のオビを見てもらいました。
結果は・・・・・・・


( ( (__|||) ) ) どよぉ~ん。。


いいんです。毎度の事です。
師匠は鬼ですから・・・・・……(-。-) ボソッ

すご~~~く良くなった!と思っていても
あ・・・そこ・・そこはまだ・・まずいんですけど・・・って所をすぐ見つけ
それなりの誘惑をしてくださいます。
貴重です。ありがたいです。

まだまだ甘い部分で飼い主だからこそ許してしまっている部分。

「あの子はこうだから・・」

「こうすれば、こうなる子だから・・・」


そんなもん、師匠には通用しません。
すぐ見抜いて刺激強の誘惑をして


「ほら、どうすんだ?」


次への課題をものの5分で10も20も見つけてくださいます。
そしてヒントもくれず腕組みをして知らん顔。
まるで私が犬達に考えさせてる時と同じジャン!!!(自爆)

犬の種類・年齢・訓練性能・どこまで訓練が入っているかなんて
師匠には関係ありません。私がその時、どう対処するかです。
私も集中するし、犬も集中します・・というか、させます(苦笑)

師匠に見ていただくと、プライドもキャリアもずたボロになりどん底まで落ち込みます。
そしてやがて光が見えてきます。
光を見せてくれるのは試行錯誤した私に反応して動く犬たちです。

犬を上手にトレーンニングする人は人のモチベーションをあげるのも上手い。

犬と人の学習理論が同じだ・・・って、実感できるひとときです。










Posted at 00:29 | 犬考 | COM(0) | TB(0) |
2007.02.09

飼い主を選べない犬達

またか悪徳ブリーダーの記事に書いたブルセラ症の陽性反応の子
116頭を大阪府救護本部が安楽死の決定を下したらしい。
wan lifeさんを始めとして多くの方たちが反対運動で頑張っています。

詳しくはwan lifeさんの活動日誌を⇒http://blog.livedoor.jp/wanlife1/


この崩壊現場の子達は飼い主の愛情さえ知らない子達です。
それでも現在いる環境に甘んじて生きて行くしかないのです。
人と同じく犬は生まれる環境を選ぶ事は出来ません。

しかし、人と犬の大きな違いは

人は自らの努力によって

生きて行く環境を変えることが出来るが

犬にはそれすら出来ない


という事だと思います。


犬は飼い主を選べないのです。


例えば、お給料の支払いの悪い会社。
それなりの労働に見合ったお給料(報酬)がなければ
人は転職や退職を考えるでしょう。
犬たちはどうでしょうか?
頑張り(仕事)に価する報酬をもらってる??
                ※ 報酬が食べ物(オヤツ)とは限りません

頑張っても、それに価する報酬がなければ
犬のとる行動は決まってきます。

「せっかく頑張ったのに・・・(┯_┯) ウルルルルル」と、その頑張りをやめてしまう

「こんなパパ(ママ)の言うことなんか聞いてられっか!」と飼い主に愛想をつかす

「何をやってもボク(わたし)ってダメなのね・・」と自分に自信がなくなる

「じゃぁ、これならどうだっ!!!」と他の仕事を探す



吠えるのをやめて欲しい、飛びつくのをやめさせたい・・
やめて、やめて、やめて・・・・やめて欲しいならどうすればいい?

報酬のないことは犬だってしません。
人より犬の方がよっぽど試行錯誤して頑張っています。
何が報酬になっているか、見る目を養うだけで犬は幸せになると思います。

犬は会社(その家族でいること)をやめることも出来ないし
家出も自殺もできないのです。
犬は飼い主を選べません。

でも、私は、もし犬が飼い主を選べるなら、いや、選べなくても
選ばれるような飼い主になる努力を怠ろうとは思わない。
犬達は言い訳もしないし、何かのせいにもしないのだから。

それは犬にへつらう事でもなく、媚を売る事でもない。
私なりの犬への愛情は


彼らの良い行動に見合ったその時の適切な報酬を

適切なタイミングで与えてやること



それにつきます。

0068.jpg







Posted at 04:07 | 犬考 | COM(2) | TB(1) |
2007.02.08

これ以上 つめられません!

すし詰め集合4ぱぴ ( ̄m ̄〃)ぷぷっ!


0067.jpg






Posted at 03:24 | quartet | COM(0) | TB(0) |
2007.02.07

HTM覚え書き

今日は久し振りにMトレーナーに凛と愛唯のドッグダンスを見てもらった。
楓雅が来てからは曲にあわせる事も全くなかったし、最近はオビばかりやっていたし、
ひとつひとつのトリックも錆付きつつあるので不安を抱えながら・・・(苦笑)


しかし、凛くん、思ったより動くじゃん!!!


やっぱり森永先生の仰ってた「フリースタイルも平行して・・」というのは
大正解だったということかな。


現在、凛は後歩きでヒトの周りを回る時、
「クロース バック」というふたつのコマンドを使っているのだが、
Mトレーナーから 独立したコマンドを付けた方が良いのでは? とのアドバイス。
ゆくゆく、時計回り、反時計回りのコマンドも分けていきたいので
何にするか迷うところ・・・・・。


また、現在凛はクロースの位置を私の肩の角度を見て決めているので
後ろ向きにラウンドしてくれるようにシェイピングしていかなければ。


バウスフェイスは とっても可愛い!絶対入れよう! と仰ってもらえたので
それが際立つような構成を練っていかなくてはならないな。


愛唯とのからみ(愛唯 ウィーブ 凛 ラウンド)も、その部分に持っていくまでに
何かしらの動きがないとつまらない。
愛唯クロース(人の左)と凛サイド(人の右)を強化していこうと思う。
愛唯がツイスト(時計回り)しか出来ないという問題がここで浮上。
愛唯にはリバースを今週の課題にしよう。


それから、愛唯がヘッドアップしにくい理由としてMトレーナーから
cocoonさんの左足すれすれに必死に歩くじゃないですか。
少し離れた方が犬は見上げやすいですよね
とアドバイス。



Σヽ( ̄ ̄ ̄ ̄□ ̄ ̄ ̄ ̄ ||||)ノ がぁぁん!!


今の今まで「寄せよう」とは思ったけど「離そう」なんて
一度も意識した事すらなかった。これも目からウロコ。
訓練試験が終わったら、少し【なんちゃって】に戻しちゃおうかな・・・。
(愛唯には甘々なアホ飼い主)


とりあえず、今週中に曲の編集しようっと









Posted at 02:26 | DOG DANCE | COM(2) | TB(0) |
2007.02.05

いちばんちっちゃいけど・・・

いちばんちっちゃいけど、いちばん(気が?)強い・・・
我が家の愛唯お嬢様でございます。
先日のアニマルコミュニケーションでも、気の強さが現れていたかも。

0059.jpg

いまだにチワワとしょっちゅう間違えられます。



体重は2.2kgなり しかし走るのは4パピ最速
そして ♀たちのリーダーだったりします。

0066.jpg



しかし最近は・・・



0062.jpg




楓雅が足をかけたりしないのは彼女にだけ。
向かってくる楓雅に・・・

0060.jpg


0061.jpg




そして彼女は大型犬好き。

0063.jpg


0064.jpg


0065.jpg


どこまで飼い主に似れば気が済むやら・・・(;´д`)トホホ









Posted at 10:34 | solo | COM(2) | TB(0) |
2007.02.04

あなたの犬は幸せですか

最近、本屋のペットコーナーの目立つ場所に陳列されている
「さすらいのドッグトレーナー」(しかし・・なんちゅう番組タイトルじゃ・・。)
で一世を風靡したCesar Millan[シーザー・ミラン]の
【あなたの犬は幸せですか?】を買って読んでみた。

あなたの犬は幸せですか あなたの犬は幸せですか
C. ミラン、メリッサ・J・ペルティエ 他 (2006/11/30)
講談社
この商品の詳細を見る


感想は・・・というと・・・・・。


◆しつけが可哀想で出来ないという飼い主さんには読んでもらいたい

◆自分の愛し方が間違っていないか確かめるには良いかも・・・。

◆自分の愛犬が皆、びびりっこ あるいは攻撃性を持ってしまう・・という人も
 読んだ方がいいかも。




しかし、読み終わった本音を書かせていただいてしまうと
「リーダーシップ」に固執しすぎている感が見過ごせない。
噛み砕いて言うと犬は人より先に歩くべからず、ドアを先に通すべからず、
ヒッパリッコ遊びは攻撃性を助長する・・・・云々だ。
常に人はリーダーの役目を果たさねばならないといった、パックリーダー思想である。
上記の事柄はアメリカの行動学者からも批判をうけたらしいが、
今時、主従関係をあのように書き連ね、「リーダーシップ」というwordを
何度も出されると、初心者飼い主さんたちにどのような心理作用をもたらすか
言わずと知れている気がしてならない。


きちんとヒエラルキー社会の事も著述しているのだが、一般飼い主は
聞きなれない言葉は流し読みしてしまうだろう。
昔はよく、家族はひとつの群れ(パック)であり、飼い主は群れのリーダーでなければ
ならない・・と言われて来たが、私は犬は自分を犬だと自覚しているから
「同じひとつの群れ」という表現は全面的に受け入れられない
確かに私にとって犬達は家族だが、犬は犬、人は人だ。
家族だから異種が共存するルールを教えて、共にストレスなく生活出来るよう
共に努力しているのだ。


よく「うちの子は自分の事を人間だと思っているの。犬は大嫌いなのよ」という
飼い主さんに出会うが、もしその子が自分を人間だと思っているなら
その子はとても可哀想で不幸だと思う。
だって、自分だけ言葉は喋れないし、家族の会話もすべて理解できないし
二本足で歩行できないし、全身けむくじゃらで、好きなときに好きな場所へも行けず
味気のない食事を毎回出され、酒も音楽も楽しめず、
痛い所を伝えようにもなかなか伝わらなかったりするのだから・・・。
犬はやはり自分は犬だと自覚していて、それでも同種である犬より人が好きで
安心できる対象だという子もいるというだけだ
と思う。
それだけ犬という生き物は順応性に長けているのだ。


しかし、とても良い部分も3分の2以上を占めている本ではあった。
私はよく「オーラ」という言葉を使用してきたのだが、
彼の言う「エネルギー」説はとても共感を得た
よく「怖い」と思ったら噛まれるとか、飼い主が嫌悪感を感じる人や物に対し
愛犬が吠える等は良い例だと思う。
トレーニングの方法へのコメントは賛否両論あるだろうし、
(実際、トレッドミル上で犬を走らせたまま放置し、転んだ犬が大怪我という事故もあったらしい)
罰の使用方法は初心者の飼い主さんにはとても難しいと私自身は思っているので
(罰というと大抵の人は肉体的苦痛[体罰]と関連づけてしまう。
日本の学習理論の訳し方のとても良くない部分だと思っている。)
本 全体を「良い本だ」と言うわけにはいかないが、
「心のあり方」については とても素晴らしく表現された著書であると思う。


自分に自信がない飼い主さん

犬が望む愛され方を誤解して愛していると思っている飼い主さん
(自分でそう思う人などいないだろうが・・・)


そんな飼い主さんは一度目を通してみるのも良いかもしれない。











Posted at 03:01 | 犬考 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。